tabi no

スリランカ

スリランカ最大の魚市場『ネゴンボフィッシュマーケット』

<スポンサーリンク>




ネゴンボにはスリランカ最大の魚市場「ネゴンボフィッシュマーケット」があり、毎日新鮮な魚を手に入れることができるスリランカ人にとって貴重な存在。アジアの活気溢れる魚市場ネゴンボの定番の観光名所にもなっています。魚市場は朝が一番活気があるので、8時までに観光を終えるようにしましょう。魚市場の横には砂浜があり、朝早く行くと地引網をしている漁師に出会うことができます。
ネゴンボの朝は早起きしてフィッシュマーケットを散策しよう!

ネゴンボフィッシュマーケット
魚市場の横の浜辺で魚を干しています。日本の漁港に似てますね。日本でもおなじみ、鰹節もあります。スリランカでは鰹節のことをモルディブフィッシュと呼びます。インドのカレーよりスリランカのカレーのほうがおいしい!と感じる方が多いのはダシの文化が似ているからかもしれませんね。

ネゴンボフィッシュマーケット
ネゴンボフィッシュマーケット
地引網は朝だけの風物詩。小魚がたくさんとれいます。大きい魚は船に乗って沖に出ないと取れないそうです。

ネゴンボフィッシュマーケット
ネゴンボフィッシュマーケット
日本で見たことがある魚を探せ!日本にもいる魚がいるようないないような・・・。魚を見ているだけでも楽しいですね。
ネゴンボフィッシュマーケット
最近大きなカニは魚市場に出回らず、直接高級ホテルが買い付けます。
ネゴンボフィッシュマーケット
スリランカ、というかネゴンボだけかもしれませんが、イカもよく食べます。イカカレーは絶品です!

ネゴンボフィッシュマーケット
魚をさばくお母さん。
ネゴンボフィッシュマーケット
1匹買った魚は魚市場内のさばく専門の人がいて、家で魚をさばけない人はこちらのおじさんに頼みます。

<スポンサーリンク>



Google Map