tabi no

いつか妻と泊まりたいホテル

アーユピヤサ/AYU PIYASA  本格アーユルヴェーダオーガニックリゾートで極上の1日を体験♪

<スポンサーリンク>




いつか宿泊してみたいと夢見ていた施設「アーユピヤサ」。2012年に視察したときはすでに大ブレークしていて部屋は満室、視察もあまり時間をかけることなく写真を撮影しただけでした。その後、多くのお客様の手配をしました。お客様の感想もほぼ「また来たい」「今度は長期滞在したい」というべた褒めの内容ばかり。実際に宿泊して1日の流れを自分の体で体験してお客様に伝えたい。2015年9月、やっと宿泊することができました!アーユピヤサの極上の1日を写真付きでご案内します。

アーユピヤサはスリランカのマータレー郊外の山奥にあります。バンダーラナーヤカ国際空港から車で約3.5~4時間かかります。スリランカに到着する便が夜か深夜です。空港近くのホテルで1泊して翌朝アーユピヤサに向かう方もいらっしゃるかもしれませんが、圧倒的に多いのは何時であろうととにかくアーユピヤサに早く行きます。例えばシンガポール航空、キャセイパシフィック航空など乗継便を利用してスリランカに到着すると到着時間は23時~24時。空港の外に出るのに30分、そこからさらアーユピヤサに行くと朝方になってしまいます。それでもアーユピヤサに直行する方が多いです。
うれしいい情報はスリランカ航空のスケジュールが2015年10月より変更になり、17:45にコロンボに到着します。スリランカ航空をご利用になると深夜0時前にアーユピヤサに到着します。毎日運航していないもののスケジュールが合えばスリランカ航空がおすすめです。

アーユピヤサの宿泊代金は宿泊の他に食事、飲み物、アーユルヴェーダトリートメント代金も含まれております。施設内は基本的にお財布を手にすることはありません。世界遺産の観光やキャンディのショッピングなどオプショナルツアーに申込みをするときのみ別途料金がかかります。お客様の体調にもよりますがアーユルヴェーダトリートメントの時間は午前のモーニングトリートメントが約2時間、午後のイブニングトリートメントが約1時間になり、他のアーユルヴェーダ施設より長く丁寧にアーユルヴェーダトリートメントを施術します。

1度もアーユピヤサに宿泊したことがない方がーユピヤサでどうやって1日を過ごすのかイメージができない方も多いと思います。簡単に1日の流れをご案内します。
施設紹介やオプショナルツアーなど気になる情報も掲載しました。併せてお楽しみください。

アーユピヤサ アーユルヴェティックな極上の1日

Time 6:00~6:30 起床&朝かゆ

起きたらレストランに行きます。自分の席が用意されているので座って朝のおかゆをいただきます。スリランカでコラ・キャンダと言われる緑色のおかゆです。蜜を固めた黒砂糖のようなジャガリ―と一緒に食べます。他のホテルの朝食ビュッフェなどに出てくるコラ・キャンダはあまりおいしいと思えるものが多くありませんがアーユピヤサのコラ・キャンダは絶品です!ぜひお試しあれ。

アーユピヤサ画像

朝起きたらおかゆをいただき胃腸を整えます。

Time 6:30~07:30 ヨガ教室
朝粥を食べたら部屋に戻らずにそのままヨガ教室へ向かいます。
ヨガの先生は英語のみですが言葉がわからなくても非常にやさしく丁寧にヨガを指導してくれます。

アーユピヤサ画像

ヨガの先生。

Time 7:30~8:15 朝食
アーユピヤサの体にやさしいおいしい朝食、施設内で取れた野菜を中心にボリューム感ある食事です。食べ過ぎに注意しましょう。
朝食を食べている最中にアーユルヴェーダのドクターが問診時間の確認にきます。問診時間がずれないように朝食時に調整します。
DSC_2577

アーユピヤサ画像

プレートに盛るとこんな感じです。

Time 9:00~11:00 モーニングトリートメント
午前中がアーユルヴェーダトリートメントのメインになります。問診で自分のタイプが「ヴァ―ダ」「ピッタ」「カパ」のいずれになるかをチェックしてもらい、持病や悩み事なども確認した上で一人一人に合ったハーブを選び、アーユルヴェーダトリートメントを行います。トリートメントの内容によって時間は異なりますがいくつかのトリートメントを組み合わせて大体2時間ぐらいのメニューになります。
参考までに私は1.ハーブティーを飲んでトリートメントルームへ移動。2.座ったままでヘッド・ショルダーマッサージ。3.ボディーマッサージ。4.シロダーラ。5.スチームバス。6.入口に戻りハーブティ―をいただきおでこにバームを塗ってくれました。
トリートメントをするときは基本的に裸でパンツもはきません。アーユルヴェーダトリートメント用の紙のパンツをいただくときもあります。トリートメントをするとアーユピヤサオリジナルのビーチドレスのようなワンピースに着替えます。男性は上下分かれたバティックでした。

アーユピヤサ画像

極上のひととき。

アーユピヤサ画像

スチームバス

Time 12:00~13:00 ランチ
1日で一番ボリュームがある食事がランチです。魚が出ることもあります。食べきれないぐらいの量なので無理をしないでたべられる分だけ食べましょう。

アーユピヤサ画像

ランチは1日で一番量が多い食事。がっちり食べます。

アーユピヤサ画像

ボリュームのあるランチ

Time 14:00~16:30 イブニングトリートメント
夜ではなくて午後の軽めのトリートメントをイブニングトリートメントと呼びます。午前のトリートメントとは異なり、軽めのメニュー。1時間ぐらいのトリートメントになります。肩がこっていたのでハーバルボールや背中のマッサージやアーユルヴェーダの湿布をしていただきました。
イブニングトリートメントの後に夕方ティータイムがあります。紅茶とお茶菓子やフルーツをいただきました。

アーユピヤサ画像

トリートメントルーム

Time 19:00~20:00 ディナー
夜はプレートになり1日で最も軽い食事です。それでもおなかいっぱい。

アーユピヤサ画像

全てでありませんが野菜のほとんどは自家菜園、オーガニックのものをつかっています。胃がおいしいと言っている。。

アーユピヤサ施設のご紹介

アーユピヤサは東京ドーム約1個分の広大な土地にコテージが8つ。敷地内には畑があり野菜を栽培しています。ジャングルの中にハーブを取りに行きトリートメントに使うこともあります。
コテージには冷蔵庫やエアコンがありません。アーユルヴェーダトリートメントに適した居住性が高い室内になっています。アメニティも一通り揃っています。特にアーユルヴェティックなシャンプーはぜひ宿泊中利用してください。

アーユピヤサ画像

アーユピヤサには全部で8棟のコテージがあります。

アーユピヤサ画像

室内は広々。アーユピヤサは長期滞在が多いので居住性重視です。

アーユピヤサ画像

気持ちのよい空間。

アーユピヤサ画像

トリートメントがない午後はゆっくり読書でもどうぞ。

アーユピヤサ画像

こちらでアーユルヴェーダのトリートメントを行います。全部で10部屋。

アーユピヤサ画像

ヨガスタジオ

アーユピヤサ画像

ヨガ道場の裏にはアーユピヤサの隠れた名所、瞑想石があります。

アーユピヤサ画像

アーユルヴェーダキッチンにお邪魔しました。ハーバルボールは敷地内で取れたハーブを中心にひとつひとつ手作りしています。

アーユピヤサ画像

伝統に則って作るため機械やガスはほとんど使いません。直火、手作業がアーユピヤサの基本です。

アーユピヤサ画像

できあがり。こんなに丁寧に作っていました。

アーユピヤサ オプショナルツアー

アーユピヤサの滞在中、空いた時間は読書をしたりジャングルを眺めたりのんびり過ごします。初めてアーユピヤサに宿泊する方やスリランカの観光をしたい方にアーユピヤサ主催のオプショナルツアーを用意しています。午後のイブニングトリートメントを放棄して観光したり、シーギリヤロックなど午前中に観光したほうがよいツアーはモーニングトリートメントを1日休んでオプショナルツアーに参加します。3回の食事は同じ時間に食べるため自然と宿泊者同士、仲良くなりオプショナルツアーの日程を相談して相乗りして安くなることもあります。オプショナルツアーの一例をご紹介します。

キャンディ観光
約6時間
2名様参加一人あたり6,000円/一人参加8,000円
———————
ローズクオーツマウンテン観光
約6時間
2名様参加一人あたり6,000円/一人参加9,000円
———————
シーギリヤ観光
約6時間
2名様参加一人あたり9,000円/一人参加14,000円
———————
サファリツアー
約6時間
2名様参加一人あたり12,000円/一人参加17,000円
———————
コロンボ立寄り観光&空港へのお見送り
アーユピヤサを13時頃出発
一人あたり5,000円

<スポンサーリンク>