tabi no

スリランカ

スリランカビザ(ETA)申請とQ&A[2016年最新版]

<スポンサーリンク>




2012年1月1日よりスリランカに入国する際にETA(電子旅行許可)の事前取得が必要になりました。
ETAはElectronic Travel Authorizationの略で事前に旅行者の情報をインターネット上で登録し、クレジットカード決済でビザ代金を支払う電子ビザシステムになります。
厳密にはETAをインターネットで事前申請して空港のミグレーションで白いシールを貼ってもらいます。白いシールがスリランカビザになります。

クレジットカードをお持ちでない方、もしくはJCBのクレジットカードしかお持ちでない方は空港でもビザの取得が可能です。
空港取得がご不安な方でクレジットカードをお持ちでない方、もしくはJCBのクレジットカードしかお持ちでない方は旅行代理店に代理申請を依頼する方法もあります。

≪ETA料金≫
インターネットで取得する:US$35(11歳以下は無料)
空港で取得する:US$40(11歳以下は無料)
※2016年6月現在

スリランカETAの申請は個人申請と2名様以上のグループ申請があります。2名様以上のグループが個人申請を人数分することもできます。2名様以上の方がスリランカETA申請を同時にするときは、連絡先や旅行情報の入力が1回で済むグループ申請が入力回数が少なく便利です。

1名様個人申請はこちら
2名様以上グループ申請はこちら
スリランカビザ(ETA)Q&A

今までお客様から多くいただきましたご質問、過去の事例、他社様の情報などを踏まえてスリランカ ビザ(ETA)Q&Aを作成しました。

Q1.JCBのクレジットカードしか持っていません。ETAの申請ができますか?
できません。
ETA料金の支払いは「VISA」「MASTER」「AMEX」の3社のクレジットカードのみになります。
Q2.事前にETAを申請していなくても大丈夫ですか?
パスポートの有効期限は6か月以上あれば大丈夫です。
コロンボ空港にあるETA申請カウンターでETAを申請することができます。オンライン申請プラス5ドルの料金がかかります。(2016年6月現在US$40)。また、日本円での支払いも可能です。空港でETAを申請予定の方は為替のレートが悪いため、できる限りUS$40をおつりのないように持参しましょう。
Q3.電話番号を誤って入力してしまいました。大丈夫でしょうか?
大丈夫です。
パスポート情報以外の入力ミスで入国を拒否されることは今までありませんでした。
Q4.苗字と氏名を逆に入力してクレジット決済をしてしまいました。入国できるのでしょうか?
本来、ローマ字の氏名が誤っていると入国できないことになっていますが、入国の際にイミグレーションの担当スタッフに事情を説明すればほとんど問題なく入国できています。
クレジットカード決済後は一切入力の修正ができず、同じパスポート番号で重複してETAの申請ができません。修正する手段がないのでパスポート情報は慎重に入力してください。
Q5.パスポート番号を誤って入力してクレジットカード決済をしてしまいました。どうすればよいでしょうか?
もう一度ETAの申請をして、新たにETAの承認を得てください。ETA代金は2重払いになりますが返金されません。
Q6.ETAビザに関する問い合わせ先はありますか?
ETAに関する問い合わせはスリランカ本国になります。
≪ETAに関する問い合わせはこちら≫
TEL: 0094719967888
Fax : 0094112674631
E-mail : eta@immigration.gov.lk
残念ながら英語の対応になります。またメールの質問はかなりの確率で返信はありません。。

スリランカ大使館も簡単な質問でしたら回答していただけます。お困りのことがありましたらまずは東京のスリランカ大使館にお問い合わせください。

≪スリランカ民主社会主義共和国大使館≫
住所:〒108-0074 東京都港区高輪2丁目1-54
電話:03-3440-6911

Q5.ETAの承認を証明するものを忘れてしまいました。入国できますか?
入力内容に誤りがなければ入国できます。
実際にスリランカに入国するとETA承認のメールを印刷して持参してもほとんどチェックされません。問題があるときだけ提示を求められますので、万一ETA承認を印刷した紙を忘れてもそのまま出発して大丈夫です。
こちらの[2016年最新版]スリランカビザ(ETA)申請方法と注意事項はapsiご利用のお客様がETA申請をしやすくするためにページを作成しました。apsiをご利用ではないお客様ももちろん御覧いただけますが、apsiを利用しないで取得したスリランカビザに関するトラブルは一切責任を負えません。予めご了承ください。

<スポンサーリンク>