tabi no

apsi代表~Profile~

apsi代表~Profile~

apsi代表:林 真市
生年月日:1974年5月6日
資格:総合旅行業務取扱管理者/総合旅程管理主任者
言語:ウルドゥー語/ヒンディー語/英語
強いエリア:アジア方面。特にインド・スリランカ・ブータンは絶対の自信あります。
モットー:旅をぬいたら何も残らないようなステキな人生を送りたい。

【渡航歴/旅行業界歴】
初めての海外は19歳のとき、大学の研修でパキスタンへ。
強烈な体験が忘れられず2回目の海外でパキスタンのカラチ大学に1年間短期留学。
留学中夏休みのバカンスにギリシャとトルコを旅する。
1年の短期留学を終えた後、留学を延長しようとして失敗。そのままバックパッカーになる。
学んだ言語がどこまで通用するのか確かるためインド・バングラデシュ・ネパールを旅する。
その後、逆方面でもウルドゥー語が通じるのか気になりひらすら西へ向かう。
イラン・トルコ・シリア・レバノン・イスラエル・エジプト・イエメンを旅する。
1年の旅を終えて帰国。とある旅行代理店に約3年務める。
3年で旅行代理店を退職して再びバックパッカーになる。
インド・ネパール・パキスタン(ヒマラヤ山脈周辺に約7か月滞在)・中国・ラオス・ベトナム・カンボジア・タイを旅して帰国。
沖縄のサトウキビ畑で働くため、そしてマイホームのつもりでゴアライトのテントを購入。
沖縄に行く直前、元同僚に誘われ沖縄行きを中止、新しく立ち上げた旅行代理店に入社。
12年勤めた後、旅行代理店を退職。
2014年10月8日apsiを立ち上げて今日に至る。

【みなさまへメッセージ】
apsiに関わっていただきありがとうございます。apsiは旅をした国とずっとつながって旅の後も幸せな気持ちが続くような仕掛けをつくる旅のブランドです。

20代の3年間を海外で過ごし、3つの旅行代理店に計16年務めました。これからもずっと大好きな旅と関わっていたい。
たくさんのお客様に出合い、多種多様な旅の手配をして40歳になって強く感じたことがあります。
「人に出会う旅、人と関わってつながり続ける旅が一番おもしろい」
絶景を見たり、世界遺産を巡る旅も楽しく、否定するつもりはありません。
ただ私が経験して残りの人生をかけたい理想の旅は
「どこへ行くかではなく、誰と行くか、何を見るかかではなく、誰に会いに行くか」
そんな旅でした。

世界遺産を見たついでに誰かに会いに行くのではなく、会いたい人に会いに行くついでに世界遺産を見るような旅の提案をしたい。そして旅をした後も幸せな気持ちがずっと続くような、終わらない旅の仕掛けをつくりたい。

apsiを支えていただいているNGO団体やNPO法人のみなさま、apsiができる前からずっと応援してくださっているお客様、apsi立ち上げ後に出合ったお客様、

すべての方に感謝します。ありがとう!!!