tabi no

カンボジア

Plasカンボジア滞在記~孤児院編~

Plasカンボジア滞在記~孤児院編~

孤児院はくっくま孤児院とだるま愛育園という二つの孤児院に行きました。

孤児院と聞くと人を信じられない子や心を閉ざしている子などのイメージがあって、正直私達もどう接しようか、何を聞いても良いのか、すごく考えました。

しかし実際行ってみると私達のこんな考えが一瞬で飛んでいってしまうぐらいの元気のよさで出迎えてくれました。
手を引っ張って「遊ぼう!」とひっぱってくれてむしろ私達が子供たちに誘導してもらっていました(笑)

みんなきらっきらの笑顔で本当に眩しかったです。

こうして実際に来てみたら考えが覆されて、これはうまくいくんじゃないかと思っていても本当はニーズに合っていなかったり、文化や言葉の違いで上手く伝えられなかったりして自分は何をしに来たんだと自己嫌悪に陥ることがあります。
しかしカンボジアの子と話していて「日本人がくるのはうれしい?」と聞くと「うん、本当にうれしい。沢山遊んでくれてとても楽しいよ」と言ってくれました。
だから自分なんてって思わず、こうして一歩踏み出してカンボジアの人と接するだけでもお互い笑顔を与え合えているんだと思いました。
国際協力団体Plas画像
国際協力団体Plas画像
国際協力団体Plas画像
国際協力団体Plas画像